脱毛器で脱毛するときのポイント 

自分で脱毛器を使ってのムダ毛処理を擦る際に、より綺麗に仕上げる為のポイントが3つあります。

 

  1. お風呂上り等綺麗な肌の時に行う事
  2. 毛の生えるサイクルに合わせて脱毛器を使用する事
  3. 脱毛後に必ず冷却し、翌日は肌の露出を避け、紫外線に当たらないよう気を付ける事

自宅で使える脱毛器は、黒い組織に反応して毛根や毛の細胞を死滅させる仕組みになっています。つまり、短い毛や埋没毛、産毛には反応しにくいのです。

 

よって毎日行っても肌を傷めるだけなので、ある程度毛が伸びた時に脱毛器を利用すると効果的です。

 

また脱毛器の設定以上に長く照射する事もNGです。毛の生える周期に合わせて脱毛をする事で、根本的にムダ毛を減らす事が可能になります。

 

毛根が生きている限り毛は生えてきますが、ポイントを掴み上手に脱毛すれば、少しずつ生える毛が薄く、細くなります。そのうち、毛の生える周期が長くなり、セルフケアが殆ど不要な状態になるのです。

 

剃刀や毛抜きで処理するより、肌にとっても脱毛器の方が負担が少なく、美肌効果も期待出来ます。黒ずみや埋没毛の心配もありません。

 

脱毛器は最初の投資は高い商品ですが、その後の肌の状態や仕上がりを考えると、決して高過ぎる商品ではありません。

脱毛器で毛が細くなる効果はある?

毎日のお手入れで、最も重要なのが、顔のむだ毛の処理になります。ちょっと油断をすると、すぐに口ひげや眉毛が生えてきてしまいますので、どうにかしたいですよね。

 

市販で売っている脱毛器を使用すれば、本当に毛が細くなる効果があるのでしょうか?

 

家庭用の脱毛器は、すぐに効果が出るわけではありませんので、毛を細くしたいといった場合は、長い期間をかけて、気長に処理を続ける必要があります。ですので、ちょっと1回や2回程度脱毛器を使用した程度では、直ぐに効果は現れないでしょう。

 

しかし毛の太さや濃さは人によって様々ですので、時間がかかる人もいれば、そんなにかからないで毛を細くする事が出来る人もおります。大事なのは、継続的に使用するという事です。

 

また、自宅で脱毛器を使用する場合は、しっかりと肌を冷やすようにするのと、目が近いのでサングラスをかけるようにしましょう。たとえ一般市販品だと言いましても、強い光を当てますので、肌へのダメージは強く、あまり冷やさないで脱毛を行うと、肌トラブルを起こす原因を作ってしまいます。

 

サングラスも同様に、強い光を目に当てるのは、とても良くありませんので、しっかりと目を保護するようにして下さい。長い期間をかければ、毛は確実に細くなりますので、肌トラブルを起こさないように、慎重に脱毛を行いましょう。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法