電気カミソリとカミソリの違い

カミソリも電気カミソリもヒゲを剃る道具には変わりがありません。人によって使用する際の好みというのはあるものと思われます。

 

カミソリと電気カミソリの違いはまず考えられるのは値段の違いです。カミソリのほうが電気カミソリよりも安価であるということは間違いのない事実でしょう。

 

肌への優しさや使い安さという点ではカミソリよりも電気カミソリのほうがメリットが有るといえるかもしれません。カミソリの場合は刃のあてかたを間違えると簡単に肌を傷つけてしまう可能性があるといえるでしょう。

 

カミソリは使用する際にはヒゲ自体を濡らす、シェービングフォームを使用するなどの手間が必要となりますが電気カミソリの場合は何もしないでいきなりヒゲ剃りを行えるというメリットがあります。

 

刃という点で着目をしますとカミソリは少しでも剃れないと感じたら刃を交換しないと肌にダメージを与える可能性があります。

 

電気カミソリはその点では交換頻度は少ないと言えるでしょう。

 

両方に共通して言えることもあります。使用する際には押さえつけて使用するのでなく撫でるように肌を滑らすということです。

 

肌弱い人の髭剃り方法

肌が弱い人の髭剃り方法は、カミソリ負けを防ぐため、髭を剃る前に必ずプレシェーブを行うことです。

 

髭は水分を含むと膨張し、やわらかくなるので、シェービングする時は、しっかり髭に水分を与え、ふやかすことです。

 

髭を剃る前に、ベビーオイルやメンソレータムをシェービングする部分に塗り込むとよいでしょう。その後、お湯で顔全体を濡らし、髭に水分を与えます。

 

手でお湯をすくって髭を浸けるようにし、毛先に石けんを塗り込んだシェービングブラシで髭の上を泡立てます。

 

しっかり泡立ってきたら、シェービングを始めます。

 

肌が弱い人は、カミソリ負けでヒリヒリしたり、赤みや腫れが出やすいので、肌への負担を抑えるために、髭の生えている方向に剃り始めるようにしましょう。

 

肌が弱い人は、逆剃りしなければ、カミソリ負けをある程度防ぐことができます。

 

肌が弱い人が逆剃りする時は、刃と皮膚が触れ合う面積と回数を少なくすることです。そうすれば、カミソリ負けを軽減することができます。

 

肌が弱い人はシェービング後も大切です。赤くなったり、かゆみを伴うことが多いので、冷水ですすぐことです。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法