ヒゲソリで皮膚がヒリヒリする人

ヒゲソリで皮膚がヒリヒリする人は、肌が弱い人です。

 

ヒゲを剃るときにカミソリ負けする人はよくいます。ヒリヒリしないようにするには、シェービングジェルを塗ったりするなど、工夫が必要です。

 

ヒゲソリでヒリヒリするのは、カミソリの刃で傷ついた肌が炎症を起こしている証拠なので、保湿してやることです。保湿すれば肌が潤うので、炎症を抑えることができ、ヒリヒリを抑えることができます。

 

保湿しないと炎症で肌が乾燥しやすくなるので、ヒゲソリの後は、必ず、保湿クリームや化粧水などで保湿することです。

 

ヒリヒリして痒みを感じた場合、かゆみ止めを使用する人がよくいますが、この方法はおすすめできません。なぜなら、余計に症状を悪化させてしまいかねないからです。

 

カミソリ負けに有効な薬はオロナインです。ドラッグストアなどで気軽に買えるので試してみましょう。

 

ヒリヒリした時にオロナイン軟膏を塗るとよく、ヒリヒリや赤いプツプツを解消することができます。ヒゲソリでヒリヒリの症状がない場合でも、カミソリを使用した後は、肌を保湿することを忘れないことです。

 

 

 

ひげそり痛い!そんなときの対処法

ちゃんとヒゲ剃りをいつものように行っているのに痛いと感じる時というのは、ヒゲの濡らし方が足らないのかもしれませんし、カミソリが古くなっているためかもしれません、またもしかしたら正しいヒゲ剃りの仕方をしていないのかもしれません。

 

いろいろな可能性が考えられるのですが、一つの対処方法としてヒゲ剃りをする前にカミソリをちょっと熱めに温めてヒゲを剃るという方法があります。

 

あまり熱すぎると火傷になってしまうので少し熱いと思う程度にしておきましょう。そうすると痛みもなくスルッと剃ることが出来ます。

 

また、正しいヒゲ剃りの仕方ができているのかどうかも確認しましょう。

 

正しいヒゲ剃りの仕方はヒゲを濡らしてシェービングフォームなどを塗ったあとにヒゲの生えている流れの方向にそって剃ることです。

 

次にもう一度シェービングフォームを塗って今度は逆剃りです。

 

ヒゲの生えている流れの向きと逆に剃るのです。最初から逆剃りをすると痛みを感じることがあるのです。

 

肌も痛めてしまうこちにもなりますので、いきなりの逆剃りは止めましょう。これらを気をつけると痛みは軽減されるでしょう。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法