ヒゲ脱毛を自宅で行う方法

ヒゲの脱毛を行おうと思うと頭に浮かぶのは脱毛サロンやクリニックでの脱毛という事になりそうですが、実際には家においてもヒゲの脱毛を行うことは不可能ではありません。

 

その方法とは家庭用脱毛器を利用するという方法になります。家庭用脱毛器というと女性のものというイメージがないでもないですが、実際には男性でも多くの人が利用をしているようです。

 

家庭用脱毛器の良い所は自分の都合の良い時間に脱毛を行えるということです。

 

機器自体は脱毛サロンなどで使用されている機器とそんなに変わりはありません。幾分出力が弱めに設定されているというところくらいなのです。

 

脱毛サロンなどに通っての脱毛ということになると費用は10万も20万も掛かる可能性がありますが、家庭用脱毛器であれば初期投資には数万円が必要となってきますがヒゲだけでなく他の部位、ワキやすね毛なども脱毛ができてしまうので家庭用脱毛器のほうがコストのメリットは大きいといえるかもしれません。

 

時間がないとか近所に脱毛サロンがないと言うような人には試してみる価値があるのが家庭用脱毛器というわけなのです。

 

ヒゲ脱毛痛みはあるのか?

ヒゲが濃いから悩んでいるとか、ヒゲを剃る手間をなんとかしたいと思っているような人にはヒゲ脱毛がオススメだとも言えるのですが、気になるのは脱毛を行うときの痛みの度合いです。

 

ヒゲをなくしてしまうわけですから多少の痛みもあろうかと想像はできますが、本当に痛いのかそれとも思ったほど痛くないのかというようなことはとても気になることではあります。

 

ヒゲの脱毛はどのような脱毛法を取るか、つまりニードル脱毛か光脱毛かレーザー脱毛で脱毛の施術を受けるのかで痛みの感じ具合は違うと言われます。

 

ただ、ヒゲ脱毛場合は他の部位の脱毛とは違って総じて痛いと思っておいたほうが良いようです。

 

何しろ髪の毛に次いで毛が密集している場所であるヒゲの脱毛を行うわけですから痛くないわけがないというわけです。

 

ただし、痛みというのは人によって感じ方は違います。ある人は相当に痛いと思っても違う人はそれほどでもないと感じることもあるわけです。

 

実際の脱毛の施術においては、痛みをできるだけ軽減できるように麻酔クリームなどを使用してくれますので気にし過ぎることもないかもしれません。

 

麻酔クリームなどはクリニックでしか処方はされませんから、脱毛サロンなどは保冷ジェルなので冷やしながら脱毛照射を行います。

 

自宅でヒゲ脱毛を行う場合は、光を照射する前と後にしっかり保冷剤でクーリングさせておくと傷みをさほど感じないようです。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法