髭が濃い悩み

髭が濃い悩みを抱えている人は少なくありません。

 

髭が濃いのが悩みの人は、体毛が濃い人が多いです。若いころから髭が周りよりも濃いと悩みます。友達と比べて明らかに髭が濃いと落ち込んでしまいます。

 

カミソリでのシェービングでは間に合わず、それだけでは髭がかなり目立ってしまいます。毎晩カミソリでシェービングし、2日に一度くらいのペースで、毛抜きで処理しないと間に合いません。

 

髭が濃いとカミソリだけでは綺麗にならないので、毛抜きを使うのですが、とても時間がかかってしまいます。

 

また、毛抜きを使うと埋没毛の原因になり、肌にも悪いです。しかし、過度にシェービングすると、肌がヒリヒリして赤くなってしまいます。

 

髭が濃い悩みを解消するには、レーザー脱毛がいいのですが、お金がかかります。若い時分は、そんなお金はありません。

 

髭が濃い悩みを解消するには、とりあえず電気シェーバーがおすすめです。カミソリと違って、逆剃りなのでその分、深く剃れます。

 

 

 

皮膚が痛い!ひげそりあとの痛みをなくす方法

ヒゲが濃い人はひげをそったあと皮膚が痛いことがよくあります。それは、正しくひげそりができていないからです。

 

ひげそりあとの痛みをなくすには、正しいひげのそり方をしないといけません。

 

ひげをそる前には、まず顔を濡らしておきます。ヒゲに水分を含ませるためです。お湯かぬるま湯で顔を濡らすとよく、ひげをそりやすくするために柔らかくしておきます。

 

水分を含んだひげは、膨張し、とても柔らかくなります。ひげそりあとの痛みをなくすには、事前にヒアルロン酸を塗っておくとよいでしょう。ひげの部分に塗っておけば、肌が潤い、肌へのダメージを減らすことができます。

 

そしてシェービング剤は、直接つけるのではなく、しっかり泡立ててからひげにつけます。

 

ひげをそるときは、余計なチカラを入れないようにします。カミソリの重さだけでそるようにすれば、肌の負担を軽減できます。

 

ひげそりあとの痛みをなくすには、すすぎの洗顔も大事です。ぬるま湯以下の冷水ですすぐようにし、肌の衛生を保ちます。

 

そして一番大事なのはアフターケアで、ひげそり後は、化粧水や乳液で、保湿をします。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法