髭の剃り方、オススメの方法

髭の剃り方でオススメの方法は、電気シェーバーではなくカミソリです。

 

カミソリは深剃りできる分、肌への負担も大きいのですが、やり方次第です。

 

髭剃りの前には、蒸しタオルで温めるとよいです。蒸しタオルで肌を温めれば、血行が良くなり、肌トラブルを起こす可能性が低くなります。髭を軟らかくすると、スムーズに髭剃りできます。

 

髭剃りの前に髭を柔らかくすることはとても大事で、乾いた肌で髭を剃ると、肌にも刃先にも負担がかかります。肌を水やぬるま湯で濡らし、タオルで肌を温めれば、快適に髭剃りができます。

 

日頃から、洗顔後に蒸しタオルで肌と毛穴を温めておく習慣をつけるとよいでしょう。

 

髭剃りする時は、髭の生えている方向に剃ることが大事で、髭の剃りやすい場所から剃ります。もみあげあたりから剃るとよく、あごや口まわりは、水分が十分に浸透して柔らかくなってから最後に剃るのがコツです。

 

そして髭剃りの後は、肌荒れを防ぐためにローションでしっかりとケアします。髭剃りが済んだら、化粧水でなどで肌を整えることが大事です。

 

髭剃り後は、カミソリをすすぐことも忘れないことです。

 

 

髭剃りのコツ

髭剃りのコツは、剃る前に肌をしっかり柔らかくすることです。そうすれば、スムースに処理できます。

 

髭剃り前に、蒸しタオルを5分ほど顔にかぶせるとよいです。そうすると、熱と水蒸気で髭を柔らかくすることができます。髭が柔らかくなれば、髭をしっかり剃ることができます。髭が柔らかくなると剃りやすくなり、綺麗に剃ることができます。

 

できるだけ肌への負担を少なくすることが大事なので、髭剃り前には、温かいタオルを剃る場所に乗せて数分待ちましょう。

 

その後、シェービングフォームを使うとよく、剃る時は必ず髭の伸びている方向に剃ります。

 

髭と反対の方から剃ると、肌を痛めることになるので要注意です。逆剃りするのは、ある程度、剃り終ってからです。

 

髭剃り後は洗顔をしっかりしましょう。剃り終わったあとは顔についたヒゲくずをきちんと洗い流します。冷水だけで洗えば十分で、洗顔後は化粧水などで保湿します。

 

髭剃りをしたあとはアフターケアをちゃんとしてあげることが大切です。髭剃りのコツとして、剃る時間帯も大事で、夜ではなく朝がおすすめです。

 

髭が最もよく伸びるのは朝の6時〜10時からなので、夜に剃ってしまうと、剃った効果が薄まります。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法