髭を薄くするには

髭を薄くするには、どのような方法がいいのでしょうか?

 

髭を薄くしたいなら、髭を剃る時間帯に気をつけることです。髭は朝に剃るのが一番で、出かける時間の直前に剃ることです。決して夜に剃らないことです。
また、電気シェーバーよりもカミソリの方が効果的で、3枚刃以上を使用すると、より髭を薄くすることができます。

 

髭を薄くするには、深く剃る必要がありますが、アフターケアをしっかりしないと、肌荒れの原因になるので要注意です。

 

髭を薄くするのに有効な脱毛ローションがあります。それは、パイナップル豆乳ローションです。

 

髭を剃った後に塗ると抑毛成分が毛穴の奥までしっかりと浸透していくので効果的です。次第に髭が細く薄くなってくるので、効率よく髭を薄くすることができます。

 

最初はそれほど効果を実感できませんが、使っているうちに、段々と抑毛ローションの効果を実感できます。

 

カミソリ負けで荒れていた肌がツルツルになるので、肌荒れ防止にもなります。滑らかな肌に変わってくるので、カミソリの通りも良くなります。

 

美容効果と、髭を柔らかくできるので、髭剃り時に肌を痛めることなく、髭を薄くすることができます。

 

 

髭を抜くと脱毛になる?

髭を抜くと脱毛になるのでしょうか?

 

髭を毛抜きで抜く人がよくいますが、実際これは脱毛にはなりません。

 

またレーザー脱毛でお金をかけても、とても痛いとよく聞きます。エステサロンに行ってまで痛みに耐えるくらいなら、自分でやって痛みに耐える方がましで、お金もかかりません。

 

もちろん、髭を抜くとかなり痛いので勇気は必要ですが、毛抜きで抜くと、そのうち薄くなっていくとよく言います。しかし残念ながら、髭を毛抜きで抜いても薄くはなりません。

 

毛穴の奥には毛母細胞があり、毛細血管から送られる栄養で毛乳頭が毛母細胞を再生する仕組みになっています。

 

レーザー脱毛は、レーザーで毛乳頭を破壊することで発毛を抑止し脱毛していきます。

 

毛抜きでいくら髭を抜いても、毛乳頭は残ったままなので、脱毛にはなりません。しばらくするとまたすぐに生えてきます。

 

また、毛抜きで髭を抜くと肌に大きなダメージを与えます。

 

毛抜きで髭を抜くと様々な肌トラブルに見舞われることになります。代表的なのが、埋もれ毛と毛嚢炎です。

 

髭を抜くことで完全になくすことはできないので、脱毛サロンや脱毛クリニックを利用する必要があります。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法