髭そりでカミソリ負けしたとき

ヒゲ剃りを行っているときはカミソリ負けしないように気をつけてヒゲ剃りをしていても知らぬ間にカミソリ負けをしてしまっている時というのもあるものです。

 

そうした時はカミソリ負けした肌は基本的には傷ついているような状態になっていることだと思われます。

 

このカミソリ負けをしてしまった時の対処方法としては一番良いのは触らないことです。つまり、ヒゲも剃らないほうが良いです。

 

しかし、現実的にはそうもいかないでしょうからヒゲも剃ることになるでしょう。そうであれば皮膚科に塗り薬を貰いに行くという選択をしても良いでしょう。

 

たいていの場合はそこまでしなくてもオロナイン軟膏を塗っておくと良いと言われています。殺菌効果もありますし鎮痛効果もあるからです。

 

カミソリ負けをしてしまうのは十分にヒゲ剃りの準備をしていないからです。

 

しっかりとヒゲを濡らしてシェービングフォームなどを必ず使用してヒゲを剃るということを習慣づけてしまいましょう。

 

何度も同じ場所をカミソリ負けしてしまうと思わぬアザ跡になってしまうこともありますので気をつけましょう。

 

髭剃り負けを防ぐ方法

髭剃り負けを防ぐ方法は、まず、髭剃りの準備をしっかりすることです。髭を柔らかくすることが大事なので、事前のシェービングと洗顔を忘れないことです。
髭剃り負けを防ぐには、皮膚をガードすることが重要なポイントになります。滑りをよくし、深剃りをせず、アフターケアをきちんとすることが、髭剃り負けを防ぐことにつながります。

 

髭剃り前には、軽くマッサージをして毛穴を開いておきます。洗顔後、顔をマッサージするとよく、軽くつまんだりこすったりします。そうすると肌をリラックスさせて、毛穴を聞かせることができます。

 

そして、髭剃りする部分の肌を温水で濡らして髭を柔らかくしておきます。乾いた髭は非常に硬く、そのままの状態で髭を剃ると、肌に大きな負担がかかります。

 

肌を温水で濡らして、髭を柔らかくすると、髭剃り負けを防ぐことができ、快適にシェービングできます。

 

そして髭剃り後は、皮膚のひりつきを防ぐため、アフターシェーブローションなどを髭剃り後の肌にぬるようにし、肌を保護して肌荒れを防ぎます。

 

髭剃り負けをした時は、保湿して炎症を抑えることが大事なので、炎症用の薬を使用しましょう。

 

 

⇒ 【ひげそり痛い】濃い髭を薄くするカンタンなヒゲ脱毛の方法